時間の掛かるうつ病の治療には理解が必要不可欠

女の人

精神科と心療内科

笑顔の婦人

心療内科や精神科など、うつ病になった場合どの医療機関を利用すれば良いのか分からない方もいるでしょう。そのような方の為に今回は心療内科と精神科の違いについて説明していきます。この二つの医療機関の違いが分かったら、うつ病になってもどちらを利用するべきか分かるようになるので安心です。基本的に心療内科は主に心身症の治療や診断を行います。心身症は心理社会的は因子を持った身体疾患で、機能的障害や器質的障害が認められる病態をいうのです。器質的というのは器官に直接的な異常が認められることを意味しています。詰まりがんなどが該当するでしょう。機能的というのは器官自体には炎症や晴れなどが認められないが、機能の働きが妨げられている状態のことです。どちらも心理社会的因子が関係していることが多く、特に機能的障害が多いと言われています。ストレスや重圧などで胃や腸の働きが弱っている場合などに利用する医療機関と言えます。また、過食症や拒食症なども心療内科を受診するようにしましょう。精神科の場合は精神疾患を専門的に治療します。心の働きがおかしくなるのが精神疾患です。不安感や苛々などの抑うつ状態の苦痛や異常を治療するのです。近年よく聞く大うつや双極性うつ病などは精神科を受診します。他にもパニック障害やアルコール依存症などの治療や診断も行っている医療機関です。つまり、体の異常があった場合は心療内科、心の以上の場合は精神科といった具合に利用するのが良いでしょう。