時間の掛かるうつ病の治療には理解が必要不可欠

うつについて理解しよう

治療についての理解

女医

近年精神疾患を患う方がとても増えてきて、問題視されています。その中でも最も多い病気がうつ病です。この病気を治療するにはとても長い時間が必要で、完治しても再発の可能性が高いと言われています。医師の指導をしっかりと守ることで再発のリスクを減らすことができるので、医師の指導に従って治療を勧めていきましょう。治療を始めてから約三ヶ月間は「急性期」と呼ばれる期間です。休養をたっぷりと取りながら、薬物治療を行います。薬物の使用量は少量から開始して、患者の状態に合わせて量を変えていくのです。基本的に徐々に量を増やしていきます。治療に用いられる薬物は、最初の内は副作用が出やすいといった特徴がありますが我慢して治療を続けるのが大切です。次第に効果が現れるようになり、副作用も抑えられるでしょう。不安感などが薄れ、苛々することも減ります。気分も軽くなり始め、日常生活を少しずつ楽しめるようになってくるでしょう。趣味や仕事などに対する興味や関心も戻ってきます。引き籠っていた方も段々外出できるようになってくるのです。「回復期」がうつ病治療でも、難しい時期と言えるでしょう。症状は回復と悪化を繰り返し、不安定な状態が続きます。四ヶ月から六ヶ月程の治療期間が一般的です。一度回復したからといって「治った」と思う方が多いですが、それを判断するのは医師なので早とちりしないように注意しましょう。一進一退を繰り返しながら、徐々に状態を安定させていくのです。「急性期」と比べると気力や体力が戻ってきます。この時「希死念慮」が現れるようになるのです。これは簡単に言うと死を意識するようになることで、体力や気力が回復しているので自殺を考えた時に行動力が伴います。周囲の人間は症状が段々回復してくるのでホッとし始めますが、急に行動を起こすことがあるので注意を怠らないようにしましょう。少しでも様子がおかしいと思ったらすぐに医師とカウンセリングを行うのが適切です。徐々に状態が安定してくるので、社会復帰を急ぐ方が多いですが焦る必要はありません。この状態では社会復帰をしても以前のようには働けないからです。この頃になると生活リズムを整え、カウンセリングなどを行いながら思考方法の改善や認知療法など、再発防止のための取り組みを行います。そして、うつ病の治療も最終段階の「再発予防期」に入るでしょう。症状が安定し、社会復帰を果たすことができた後も薬物やカウンセリングなどによる治療は続きます。再発の可能性大きい病気なので、しっかりとした予防が欠かせないのです。基本的に一年から二年程の期間は投薬治療を行います。症状が安定してくることで、薬を飲むのが面倒になり薬を飲むのを止めてしまう方が多いと言われています。薬を飲むのを止めてしまうとせっかく症状が安定していたのに、また再発する可能性が飛躍的に高まるのです。家族や友人なども協力してもらいながら治療を行いましょう。また、少しの変化も見逃さないようにすることが大切です

身体の症状

男性

うつ病の症状として一般的に知られているのは心の症状です。落ち込んだり、ネガティブな思考になることが知られています。そこで見落としがちなのが身体的な症状です。身体に現れる症状もしっかりとチェックしておきましょう。

詳細を読む

原因となるストレス

ハートを持つ医師

病気の予防をするのに必要なことと言えば、原因を知ることです。うつ病の原因は主にストレスと言われています。様々な出来事からストレスは生じるので日々の生活の中で注意しておくことが大切です。

詳細を読む

病気になりやすい気質

医者とナース

肥満など体質的な要因で病気になりやすい方がいるのは一般的にも有名です。そして、うつ病の場合は病気になりやすい気質というものが存在します。どのような気質があるか紹介していきますので、チェックしておきましょう。

詳細を読む

心の症状

カウンセリング

うつ病を発症してしまうと様々な症状がでます。その中でも特徴的と言えるのが心の症状です。心の症状は本人にしか分からないことなので、普段から注意深く自分の心を観察する必要があります。

詳細を読む

精神科と心療内科

笑顔の婦人

精神科と心療内科の違いを理解しておきましょう。うつ病の症状によって利用する医療機関が変わってくるので、症状によって専門の医療機関を利用できるようにしておくことが大切です。

詳細を読む